What’s SEIReN project

広がる空と海のブルー、時間をグラスに閉じ込めたイエロー。

Waiting Bar ~グラスの中の風景~ Part2 「マイタイ」@Orchids(Halekulani)

彼の出張に付いてくるのは初めてだ。
小さなテレビプロダクションを経営している彼は年に数回、海外での打ち合わせがあるらしい。

 

「今度ホノルルで番組制作の打ち合わせが入ったんだけど、向こうで結構時間できそうだし、一緒に来る?」

 

そんなに急に誘われても私にだって都合がある。ほんとにいつもマイペースなんだから……。
ぼんやりと考えながらも、結局私は彼と過ごすために休暇を取るのだろう。

ホノルルにはしばらく行ってなかったし、有給も溜まっていた。
それに、ホテルがハレクラニ(※1)だと聞けば行かない理由はない。
ホノルルにも、最近はリッツ(※2)を始めいくつかの高級ホテルがオープンしたが、ハレクラニのステイタスは変わる事がない。

 

彼の腕のなかで目覚める、ということに変わりはなくても、どこかくすんだ東京の朝での目覚めとは格段に違う。
部屋で早めの朝食をとった。そして、打ち合わせに出るという彼を見送る。

 

「オーキッド(※3)でランチでもしてて。14時くらいには戻れると思う。」

 

燦めくような青い海が輝くオーシャンビュー(※4)の部屋のバルコニーならば、何時間でも微睡んでいられそう……とも思ったけれど、彼の言葉通りに”オーキッド”に行ってみる事にした。

「一応、ドレスコード(※5)があるからね。」と彼に言われていたことをふと思い出し、Tシャツとショートパンツから白いコットンのマキシワンピースに着替える。
日差しに脚のラインが透けるかもしれない、とも思ったが、南国のリゾート地にいるという開放感からか、そんな杞憂もすぐ消える。

感じの好いスタッフにテーブルを案内される。早い時間のせいか、数組の客がいるだけだ。
テーブルからは青い海と空、白い浜辺、そしてダイアモンドヘッドとハワイらしい景色が見える。

 

「ランチか…」

 

朝食は早かったものの、バルコニーでの気持ちの良い朝の雰囲気にのまれて食べ過ぎてしまったのか、あまり食欲はなかった。

 

「I would like to have a …… MAI-TAI(※6),please」

 

ふと口をついて出てしまった。
このシチュエーションで選択肢は少ない。大学生がヒルトンヴィレッジ辺りのプールサイドでボーイフレンドとブルーハワイやチチを飲む様な訳にはいかない。

サンドウイッチやバーガーなどを食べるなら、ロングボード(※7)などのハワイアンビールもありかも知れないが、今は何しろ食べる気がしない。

「MAI-TAI」を直観的に選んだのは正解だった。

グラスに蘭とライムが飾られた「MAI-TAI」は見た目に反して強いお酒だ。
東京ではあまり飲むこともないカクテルだが、ここの景色と空気には良く合う。

 

「Would you like to order something to eat?」

「Can you give me a minute?」

 

彼が来る頃にはお腹もすくかな、と思いつつ、何もオーダーしないのも気が引けるな、
そう思いながらも、ほんのり赤みがかった琥珀色の「MAI-TAI」を30分以上かけて楽しんだ。

 

「Give me another one and also house salad please.」

 

2杯も飲んだら酔いそう……。
けれど、なんとなくこのまま帰る気分にもならずに、もう1杯オーダーしてしまった。
サラダは彼が来たら食べてもらえばいい。

午後1時半、気怠い午後の日差しの心地よさに、生まれて初めて時が止まったらな……と思った。

 

 


作者注

ハレクラニ(※1)

ハワイには3大ホテル「ハレクラニ」「カハラ」「モアナ・サーフライダー」があります。これ以外に、今人気の高い「トランプ」そして「リッツ・カールトン」もついにオープンしました。しかし、やはり「ハレクラニ」は格・質ともには群を抜いていると思うのです。

 

リッツ(※2)

リッツ・カールトン。超高級ホテルチェーンの一つ。徹底したサービスが売りだが何故か嫌いな人も多い。
ホノルルのリッツには「すし匠」があります。3か月先まで予約が取れないと言われていますが是非行ってみてください。

 

オーキッド(※3)

ハレクラニの中にあるレストランの一つ。この他にカジュアルな「ウィズ・アウト・キー」フレンチの「ラ・メール」があります。私としてはランチなら「オーキッド」が一番のお勧めです。その理由は行けば分かります。

 

オーシャンビュー(※4)

ハレクラニには様々なタイプの部屋があります。出来たら「オーシャンビュー」か「オーシャンフロント」に泊まってください。

 

ドレスコード(※5)

一度、このレストランにTシャツで行った事があります。エントランスで「申し訳ございませんがこれを着て頂けますか?」とアロハシャツを渡されました。という事で男性は最低”襟のあるシャツ”で。女性はゆるいですがここはワンピースくらい着ていきたいですね。ビーサンもNGです。

 

MAI-TAI(※6)

「MAI-TAI」(マイタイ)はポリネシア語で「最高!」の意味だとか。トロピカル・カクテルの女王と呼ばれていますが、ラムベースの結構アルコールが強いカクテルです。ライトラムにオレンジ・キュラソー、パイナップル・ジュース、オレンジ・ジュース 、レモン・ジュースをシェイクしたものにダークラムを注ぎます。ダークラムの琥珀色とベースの薄いイエローのグラデーションが美しいカクテルです。
ホノルルではロイヤルハワイアンホテルのマイタイバーの「MAI-TAI」が有名ですが、私はここオーキッドで飲む「MAI-TAI」をお勧めします。

 

ロングボード(※7)

ハワイはビールも美味しいです。いわゆる「地ビール」。この「ロングボード」はハワイで一番の売り上げを誇るKONA BREWING COMPANYが作っているビール。ハワイでバーガーを食べる時はどうしてもオーダーしてしまいます。

 

About Music


ハワイと言えばハワイアン?
もちろん大御所のケオラビーマーやHAPAそしてハワイの歌姫ライアティア素晴らしいミュージシャンがたくさんいます。

しかし、今回あえて聴いて頂きたのはサーフミュージックの代表的なミュージシャン、ジャック・ジョンソン。

少し古いアルバムですがホノルルで海を見ながらマイタイを飲むなら今はこれを聴きたいかな。

https://open.spotify.com/user/masahironakawaki/playlist/5WzFtDZYT4eoy3omAE7Eiq

※こちらの試聴にはSpotifyへの登録が必要になります。

中脇大容

プロデューサー・ライター

中脇大容

中脇 大容 (MASAHIRO NAKAWAKI) 音楽プロデューサーとして数々のヒット曲の制作に携わる。音楽以外にもイベントプランニング、 講演、ラジオDJ、などその活動は幅広く、雑誌のコラム、Web上での連載も多く執筆中。

TOKYO SEIReN’s 会員のみ
コメントが可能です。

Latest Issue